悪いやつほどよく走る(第1巻)

悪いやつほどよく走る(第1巻)
著者
川崎ゆきお
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

猟奇王はいつも通り忍者相手にクダを巻いていた。彼が言うには猟奇王は元々会社員で、定年まで何を楽しみに過ごすかを考えるような「カタギ」な人間だったということだが、そんな話を喋っても聞いても得るところはないし、何よりクサクサした心が治まってくれない。 そこで猟奇王は新たな猟奇を仕込むかと意気込むが、ちょうどその頃、中国から日本に逃れてきたアイアンクロー氏が、ビシバシと相手に鉄の爪を叩き込むという事件が発生。 一流新聞には決して載らないような話に気合いを入れる猟奇王だが、実際にアイアンクロー氏は、揉め事が起きるたびにモヤモヤを解消するかのように鉄の爪をねじ込んでいた……。(「猟奇王月夜の暴走」)

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
悪いやつほどよく走る(第1巻)

Now Loading!