keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
横山まさみち傑作集 明日へ奔れ 痛快大型立志伝(第1巻)

横山まさみち傑作集 明日へ奔れ 痛快大型立志伝(第1巻)

横山まさみち傑作集 明日へ奔れ 痛快大型立志伝(第1巻)
著者
横山まさみち / 胡桃沢耕史
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

昭和二十年八月十五日。特攻隊に選出された瀬川良介は親友だった瀧の妹である美代を伴って敵艦に体当たりして死のうと決めていた。 しかし、本土決戦を知らせるものと思われていた玉音放送は降伏宣言であり、良介もどうにか不時着の形を取り、美代を置いて生還した。 だが、残った国土は完全に焼け野原となっており、その日の食料にさえ事欠く有様だったが、良介は運良く防空壕を発見する。 そこは古くはなっていたが布団が完備され、さらには水道まで引かれているという素晴らしい環境で、さらにはその水に誘われるように、女性までがやってくることとなったが……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!