ウルフと呼ばれた男 千代の富士物語(第1巻)

ウルフと呼ばれた男 千代の富士物語(第1巻)
著者
山崎匡佑
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

北海道から上京し、小さな体で幕下にまで出世した千代の富士だったが、まだ十代のその頃は突っ張り相撲を主体としていた。 だが、先輩力士である白藤との取組の時、左肩が抜けてしまう。 その後医者からは肩はきちんと入っていると言われ、親方からも気にし過ぎだとたしなめられた千代の富士は、専門的な対処を何一つせず土俵に上がり続けてしまったが、そのことが完全に仇になってしまう。 未成熟で小さな肉体でプロの力士の圧力を受け続けたために、元々体質的に弱かった千代の富士の肩はパンクしてしまい、完全に脱臼がクセになってしまったのだ。外れるたび状態はさらに悪くなり、最終的には電車の揺れでも肩が抜けてしまうほどになったが、相撲を諦めることはできず……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ウルフと呼ばれた男 千代の富士物語(第1巻)

Now Loading!