くノ一百鬼(第1巻)

くノ一百鬼(第1巻)
著者
小島剛夕
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

戦国時代末期、豊臣家に恩義ある武将がお家騒動で揺れる中、名のある武士、佐田島が斬られた。軍学教授の達人佐田島を一撃で仕留めるとは尋常の腕ではなく、しかも背後からいきなりというのでは仇討ちではなく刺客ということで、街中は騒然となる。 そんな中、少年がわらじを直した報酬の件で男と揉めていた。男は怒って殴りかかってきたが、不思議と少年にはダメージがない。それはすぐ近くにいた老人が「術」を使ったからだった。 物事の機微に長け、また親切でもある老人を慕い、少年は行動を共にすることとなったが、老人たちは普通の人間ではなく、「伊吹ヶ宿」を拠点とする伊吹の忍びたちであった……。(「くノ一百鬼」)

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
くノ一百鬼(第1巻)

Now Loading!