剣は道なり(第1巻)

剣は道なり(第1巻)
著者
梶原一騎 / 荘司としお
カテゴリー
少年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

江戸時代、幕末。他の子供たちに混ざって剣道道場に通う榊原健吉は「剣は道なり」という師範の訓示になどまったく耳を貸さず、池の鯉を釣り上げては、「剣は刃物なり、刃物は斬れる、斬られれば死ぬためにまず先に相手を斬り殺すべし」ということをうそぶくほどのやんちゃ坊主だった。 故に、フンドシ一丁の姿で、防具を着けた道場生たちを簡単に打ち据えるほどの実力ながら、すぐに道場を破門となり、道場破りまがいに街道を悠々と歩いていた。 そんなある日、江戸の三大道場に匹敵するほどの使い手、男谷精一郎がいる道場に入った健吉は、まったく強そうに見えないながらも、ちょっと触れただけで健吉を昏倒させるほどの男谷の強さに直面することとなり……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
剣は道なり(第1巻)

Now Loading!