天地無用(第1巻)

天地無用(第1巻)
著者
川崎ゆきお
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

ミドル級、日本のボクシング界としては極めて重量級のクラスに、三十歳という遅いデビューで登場しながらも、鶴橋熊五郎は連勝街道を突き進んでいた。 大阪の鶴橋に捨てられたことから鶴橋を自ら名乗り、昼は人夫として働く中でツルハシを振り込んで鍛えてきたその腕力は天下一品で、必殺のフックが当たれば誰でも倒せると評判だった。 そしてついに世界タイトルに挑戦することになった熊五郎だが、チャンピオンは防衛記録を伸ばすために彼を選んでいた。何故なら、絶妙なテクニックを誇る王者に対して、熊五郎は何のテクも持っていなかったからだ。 試合では実際に熊五郎が一方的に打ちまくられる展開となるが……。(「強打者」)

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
天地無用(第1巻)

Now Loading!