ワイルドウェイ(第1巻)

ワイルドウェイ(第1巻)
著者
史村翔 / 井上大助
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

ある裁判の最終公判で、被告人が突如自供を翻し、自分はやっていないと言い出した。証拠となるのは証言だけだったので、これでは有罪が維持できないかも知れないと傍聴席が色めき立つ中、サングラスに革ジャン姿の男が被告に飛びかかり、殴りつけて脅した。 彼はその犯人を捕まえた警察官である、岩切勇作。まだ二十代になったばかりの年齢だというのに、二十数回も停職処分を食らっている札付きだったが、本人は一向に気にする風もなく、停職中も体を鍛えていた。 そんな中、街を走る現金輸送車が銃撃され、四億円が奪われるという事件が発生し……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ワイルドウェイ(第1巻)

Now Loading!