西遊記(第3巻)

西遊記(第3巻)
著者
實吉達郎 / 東山鈴鹿
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
SF・ファンタジー
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

霊石から生まれた石猿は、不思議な力を持っていた。その力は他の猿たちを圧倒するだけではなく統率までできる領域に達しており、彼はいつしか千歳大王とも呼ばれることとなった。 しかし大王は、どれだけ現世で力を持ち気ままに暮らしていたとしても、歳を取れば死んで閻魔の裁きを受け、天人の末席にも加えられない自分の身の上を嘆いていたが、仏と仙、そして神聖だけは輪廻の輪に加わらなくて済むことを知る。 そこで大王は人里に降りて行って、不老不死の奥義を極めようと、力を持つという者の下につき、孫悟空を名乗るのだが……。

第3巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
西遊記(第3巻)

Now Loading!