魔球の王者(第3巻)

魔球の王者(第3巻)
著者
高原弘吉 / 荘司としお
カテゴリー
少年漫画
ジャンル
スポーツ・格闘技
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

満塁の場面で黒豹を自称する譲次との勝負に臨んだ隼人だが、体力や精神力を削り取られてしまっていたため、かなり不利な状況となっており、結局は打ち取られることとなった。 しかし、完全に消耗した状態で外野まで打ち返されたことは譲次にとっても意外で、「超人」という呼び名の持つ重みを、再認識することにもなっていった。 一方、真冬に行われている関係上、雪がぱらつくというよりも吹雪のようなコンディションになっていたが、野球塾で鍛え抜かれた隼人の投球は冴え続けており……。

第3巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
魔球の王者(第3巻)

Now Loading!