奇怪星團(第1巻)

奇怪星團(第1巻)
著者
桑田次郎
カテゴリー
少年漫画
ジャンル
SF・ファンタジー
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

ホープ少年は高名な科学者であるプクリン博士から、新型のロケット開発が成功したという連絡を受ける。そこで早速乗りに行くが、フタを閉め忘れてしまったため、燃料であるエネルガスが流出してしまうことになる。 どうにかホープ少年がフタを閉めたものの、燃料が足りなくなってしまったために、ジャングルに不時着することとなった。 だがそこは、人食いつるが人間の首を狙い、豹やライオンが命を狙ってくる、危険極まりない場所だった。さらには象の大群までもが現れてきて……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
奇怪星團(第1巻)

Now Loading!