サイクル野郎(第4巻)

サイクル野郎(第4巻)
著者
荘司としお
カテゴリー
少年漫画
ジャンル
スポーツ・格闘技
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

遭難しかかったり、軽い凍傷に陥ったりと、様々な苦労はあったが何とか輪太郎たちは新潟県を抜け、山形県へ到着した。 これで走破距離五百キロを突破だと意気込む輪太郎は、新潟で陣太郎を騙していたためにまたも喧嘩別れとなり、単独行動を取っていた。 しかし、くノ一と見まごうような黒覆面をしている当地の女性たちと会話などをしつつ、輪太郎が天童市に入ると、行き倒れのような旅行者の姿を目撃した。 誰かと思ったが、それはどうやら別れたはずの陣太郎であり……。

第4巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
サイクル野郎(第4巻)

Now Loading!