サイクル野郎(第17巻)

サイクル野郎(第17巻)
著者
荘司としお
カテゴリー
少年漫画
ジャンル
スポーツ・格闘技
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

急性気管支炎と診断された状態にも関わらず、陣太郎たちと別れ、単独行動を開始した輪太郎は、弱っている体で難所の大菩薩峠を越えようとしたところ、道から滑落してしまった。 幸い命は助かったが、ろくに声も出せない状態の上、全身を打ち付けてしまったダメージも蓄積していた。しかも、飢えや渇きの悪影響もある。 輪太郎は、どうにか道によじ登ろうとするが力が出し切れず、結局は崖を下ってどうにか助かる道を探そうとするのだが……。

第17巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
サイクル野郎(第17巻)

Now Loading!