サイクル野郎(第20巻)

サイクル野郎(第20巻)
著者
荘司としお
カテゴリー
少年漫画
ジャンル
スポーツ・格闘技
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

日高一人ではあまりにも使えないため、輪太郎が間に入ることで、どうにか二人してチンドン屋のバイトに入り込むことができたが、その矢先、社長が風邪で寝込んでしまう。 そうなると誰かが大太鼓を打つ役をして、場を盛り上げる音を作っていかねばならないが、日高がまったく力加減ができないこともあり、ど素人の輪太郎が太鼓を叩く練習をすることとなった。 しかし自転車乗りの二人が加入したことで、大ガマの仕掛けを動かすアイディアが浮かんできたが、その間も楽団員が辞めると言い出して……。

第20巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
サイクル野郎(第20巻)

Now Loading!