サイクル野郎(第26巻)

サイクル野郎(第26巻)
著者
荘司としお
カテゴリー
少年漫画
ジャンル
スポーツ・格闘技
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

シェパードの陸中と再会し、姫路城にまで足を伸ばした輪太郎。ここまで来ると陸中にとっては地元であり、かつて犬でありながら「タイガー」と呼ばれ、買い物を手伝ったりしていた陸中は町の人からも愛されていた。 お別れの前に姫路を観光案内してくれるほど気の良い陸中だったが、たどり着いた家では大好きだったおじいさんが亡くなっていたこともあり歓迎されず、すぐに別れた輪太郎も同情するほどだった。 だが、赤ちゃんが寝ている家の中で火事が起きたことを察した陸中は、水をかぶると危険をかえりみず、家の中に飛び込んでいって……。

第26巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
サイクル野郎(第26巻)

Now Loading!