サイクル野郎(第33巻)

サイクル野郎(第33巻)
著者
荘司としお
カテゴリー
少年漫画
ジャンル
スポーツ・格闘技
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

記憶喪失だと自称していた男は、実は爆弾魔の大山雷太だった。しかも輪太郎は、爆弾で脅され逃げることもできない状況で、不本意ながら大山との旅を続けるしかなかった。 一方、大事件を起こした大山の素性を、追う警察の側も完璧に気付いており、明らかに風体が違う陣太郎を、「犯人が陣太郎と名乗った」という理由だけで拘束するほどにその警戒網も徹底したものだった。 しかし、必死の追跡にも関わらず、大山のガードは極めて固く……。

第33巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
サイクル野郎(第33巻)

Now Loading!