口福のひと(第3巻)

口福のひと(第3巻)
著者
あおきてつお
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
グルメ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

久しぶりに実家に戻ってきた愛。キノコ料理で知られる出羽屋から送ってきてもらった天然のキノコを使った「もだし汁」に愛が舌鼓を打っていると、食卓についた父から、そろそろ学校を継いでもらいたいと言われてしまう。 今の仕事に充実を感じている愛はもちろん断るが、安くておいしいキノコもあると言う愛に対して、父は「人工栽培で天然ものに負けないもだし汁を作る」ことを課題として出してきた。 そこで、特にキノコに関する噂が多い長野県に足を運んでみた愛は、普通の人工栽培しめじとはまるで違う「スーパーしめじ」と出会うことになり……。(「ぜいたくきのことおかずきのこ」)

第3巻レビュー

  • 名無しさん

    面白いことは面白いけど…。
    農水省キャリアって設定に疑問符わくほど、勉強足りてないし論理的な思考力のない主人公に疑問符…。ってか設定にストーリーが追いついてないかんじ。

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
口福のひと(第3巻)

Now Loading!