朔風の挽歌(第2巻)

朔風の挽歌(第2巻)
著者
本庄敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

必死の看病も虚しく、ミャアは死んでしまい、その悲しみに大樹は泣き叫ぶ。愛する者を失ってしまった悲しみは、與次郎も覚えがあるだけに、身につまされるものがあった。 だが、そんな矢先、ニワトリ小屋が荒らされたという報せが入る。だが、その熊と見られる「犯人」の足跡の近くには何故か犬の痕跡もあった。 既にクロスを「拘束」している與次郎は、心配はいらないと周りに説明するのだが、そうこうしているうちに、クロスが犯人だろうと周りから非難の声がいよいよ高まっていき……。

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
朔風の挽歌(第2巻)

Now Loading!