keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
死なばもろともに〜信長と家康〜(第2巻)

死なばもろともに〜信長と家康〜(第2巻)

 死なばもろともに〜信長と家康〜(第2巻)
著者
南恵夢 / 小池一夫
カテゴリー
女性漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

竹千代が人質として織田家にやってきて三年が経った頃、書見の勉強をしていた彼のもとに信長がやってきた。信長は竹千代に人懐っこい子だぬきを見せて、そいつを抱きながら書見しろと言ってきた。 当然動物を抱えているので、正座ではなくあぐらをかかなければ難しいが、信長は、今後はずっと子だぬきを抱いている時のようにあぐらをかいて過ごせと命じる。 その理由は竹千代の立ち居振る舞いが「美しい」ことにあるのだ、と信長は説く。だが人質ならば、周りから小馬鹿にされるぐらいが丁度いいのだという。 今更ながらに、人質としての「作法」を信長が口にする理由は、「別れ」が迫っていることにあり……。

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!