哀夫人(第1巻)

哀夫人(第1巻)
著者
花小路ゆみ / 浅倉達彦
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
日本文芸社
レビュー

作品紹介

20数年前、現東洋百貨店社長・松嶋大造の妻・晴江が何者かに強姦された。松嶋の家を追われた晴江と、大造の後妻・由布子は、時を同じくして女児を出産。だが、晴江は娘の将来を案じ2人の嬰児を交換してしまう。晴江の娘・美沙と由布子の娘・愛――成長した2人の乙女が出会った時、過酷な運命の物語が幕を開ける。本巻では、真実を知った美沙が、松嶋家へ復讐するため東洋百貨店へ入社。アルバイトとして勤め始めた愛の教育係を任されるのだが……

第1巻レビュー

  • あやのすけ

    中年にはたまらねえ

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
哀夫人(第1巻)

Now Loading!