女医レイカ(第4巻)

女医レイカ(第4巻)
著者
嶺岸信明 / 剣名舞
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
医療・病院
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

海岸で、ゴムボートで漂着した男性が発見された。しかもその男性は、三日前から行方不明になったと騒がれていた、タレントの江原直樹だった。 だが、病院に入院した直樹は、脳には損傷はなかったものの、心因健忘、つまりは記憶喪失状態に陥ってしまっており、外科的ではない処置が必要だった。 そのためレイカは、専門分野からしても適任だと、直樹の担当に抜擢されることとなった。 だがその矢先、病室にいた直樹が唐突に騒ぎ始めるという事態が発生する。どうやらそのきっかけは、看護婦が着けていた時計を見たことだったらしいのだが……。(「海馬の記憶」)

第4巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
女医レイカ(第4巻)

Now Loading!