女医レイカ(第6巻)

女医レイカ(第6巻)
著者
嶺岸信明 / 剣名舞
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
医療・病院
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

OLの安西優子が、何者かにナイフで全身をめった刺しにされて殺害されるという事件が発生。しかし殺された彼女は片方しかハイヒールを履いておらず、その特徴は、先日起きたホステス刺殺事件とも一致するものだった。 そんな中レイカは、亀山警部に依頼される形で私見を述べていくが、性的なフェティシズムの代表的な存在である靴が消えている割には、現場に性的なニュアンスは一切なく、犯人像を割り出すことはできなかった。 一方レイカは、学校図書館の資料室に勤めている宮部という青年を診察することになったが、彼は女性やヒールに対して強いこだわりを持っているようで……。(「殺意のハイヒール」)

第6巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
女医レイカ(第6巻)

Now Loading!