女医レイカ(第12巻)

女医レイカ(第12巻)
著者
嶺岸信明 / 剣名舞
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
医療・病院
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

新たにスタッフを募集することにしたレイカ。だがその彼女の前にやってきたのは、いかにもナンパそうな大学生、四ツ柳だった。 とりあえず腰掛けさせ、面接を始めるレイカだったが、一応心理学を専攻しているにも関わらず、四ツ柳はレイカと仕事がしたい動機は「面白そうだったから」と応じた。 レイカはすぐに彼を帰らせ、同時に人の心の中は面白いものではなく、むしろ残酷で恐ろしいものだと言い残すが、後になって戻ってきた彼の心根には、誠実で見るべき部分も感じられた。 一方、もう一人の志望者である鰐口は、彼女が就いていた前歴の詳細を、何故かあまり語りたくはなさそうで……。(「天国の道」)

第12巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
女医レイカ(第12巻)

Now Loading!