信長(第1巻)

信長(第1巻)
著者
池上遼一 / 工藤かずや
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

織田家は今川家の大軍に攻められていた。数万にのぼる兵力を数方向に分散させ、巧みに織田側の城を落としていく今川軍に、まったく手が打てない状態ながら、信長はまったく動こうとはしない。 小姓たちと湯漬けを食べ、女性と交わり、戦の前に舞を舞っているのも影武者という有様で、まったくやる気があるようにも感じられなかった。 しかし、織田側の物見、梁田から今川軍の本陣が桶狭間にあると聞いた信長は、一気に気合いをみなぎらせ、太刀を持つと、侍女や家臣たちを切り捨て始めた。実は彼らは今川方に通じる者たちだった。 身内の憂いを無くした信長は、全速力で桶狭間へと向かい……。(「桶狭間の章」)

第1巻レビュー

  • モーリ

    やっぱり 信長は凄い...

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
信長(第1巻)

Now Loading!