星の艦(第1巻)

星の艦(第1巻)
著者
井上紀良 / 小池一夫
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
SF・ファンタジー
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

倭百六十年。戦乱が続く大地の中、剛津彦は放浪の旅を続けていた。そして、旅を続けながら、自らと同様、卑弥呼の呪いによって異形となってしまった「魔人」たちを倒していく。 それが卑弥呼の策略、掌の中と察していながらも、剛津彦は戦いを止めることはできない。 その日も武彦は、村を襲い、女性はさらい、男性は皆殺しにするという非道の魔人、人鳶の姿を確認し、戦いを挑むこととなる。剛津彦は人鳶たちが持つ銅の剣よりも強力な、「鉄剣」を振るい、強敵とぶつかっていくが……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
星の艦(第1巻)

Now Loading!