戦国SANADA紅蓮隊(第2巻)

戦国SANADA紅蓮隊(第2巻)
著者
平松伸二
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

北条につくか、それとも上杉につくか、大大名が覇を競う中、旧武田家に近い真田家ら豪族たちは決断を迫られた。そこで幸村たちは「背信」という秘策で事に当たろうとしていたが、それを主導した高坂は首を落とされてしまった。 だがその時北条方に、徳川方動くという報せを佐助が持ってきた。伊賀者に虎の子の忍び、風魔衆を全滅させられ、実情が掴めなくなっていた北条方は大いに慌てるが、特に大将の北条氏直の狼狽ぶりは見苦しいものがあった。 大軍を持って徳川と戦うという腹案を持っていた幸村だったが、大将の器と本心を瞬時に見切り、上杉との和睦を進言すると……。

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
戦国SANADA紅蓮隊(第2巻)

Now Loading!