太一(第1巻)

太一(第1巻)
著者
やまぐちひさお / 宮脇裕子
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
六式
レビュー

作品紹介

コロラド州ロッキー山脈の麓で育った青年有馬太一は日本人の父、アメリカ人の母と共に暮らしていた。 剣道家である父に子供の頃から厳しく剣の道を教え込まれた太一は腕が上がるにつれ対戦相手がいない事に不満を抱き始める。剣道の盛んなロサンゼルスへ向かった太一は鬼神のように強い日本の剣道家と運命的に出会う。日本へ帰る彼を追いかけるように太一は友人となった空手家の拳吾と共に日本へ渡る。果たして太一が日本で見つけたものとは… 真の強さとは何か? 自分は何故アメリカに生まれたのか? 自分が進むべき剣の道とは? そして有馬家の歴史を大きく変えた事件とは? 様々な出会いの中から徐々に解き明かされて行く己のルーツ。 真実が思わぬ形で見えてくる中、太一が引き込まれていく体験した事のない剣の世界とは。 剣道家でもある筆者が全身全霊打ち込んだ圧倒的迫力の新剣道マンガ!

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
太一(第1巻)

Now Loading!