秘命監察官ドンー鷹の目を持つ男ー(第2巻)

秘命監察官ドンー鷹の目を持つ男ー(第2巻)
著者
郷力也 / 末田雄一郎
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
職業・ビジネス
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

電光院警察署に、池ノ上が新署長として赴任してきた。多くのキャリア組の署長ではなく、叩き上げということだったが、池ノ上は赴任するなり、とにかく検挙率を上げるべしと署員にゲキを飛ばしてきた。 そのため、署員としては「簡単な」容疑で犯人を検挙せねばならなくなり、末端の売人の背後関係の証拠を固めるといった常道を取らずに逮捕に踏み切ったりと、かなりシビアな状態を強いられていく。 その上、通訳にかかる費用がもったいないからと、売人を不法滞在でたたき出してしまったりと、捜査に支障が出る事態になっていたが、それはノンキャリである池ノ上が、自分の「身入り」を良くするための算段だった。 しかも不徹底な捜査がきっかけで、痛ましい事件まで起こってしまい……。(「運営費と捜査費」)

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
秘命監察官ドンー鷹の目を持つ男ー(第2巻)

Now Loading!