夢王(第7巻)

夢王(第7巻)
著者
成田マナブ / 倉科遼 / グローバリエマネージメント
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

亜美の気持ちを裏切って「女遊び」を繰り返していた高木は、その現場を亜美に抑えられ、刃物で刺されてしまう。 その報はすぐに拓哉にも伝わり、当然のようにすぐに駆けつけたが、刺されたところがまずかったのか、高木は失血死してしまった。 刺した当人である亜美も錯乱状態にあり、事の真相も何も分からない中で、半ば宙に浮いてしまったような拓哉たちの前に城島が現れた。 城島はこの店を、スタッフもそのままで買い取ると申し出てきたが、そこに同じ「三大グループ」を率いる権藤や三木谷も現れて……。

第7巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
夢王(第7巻)

Now Loading!