keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第2巻)

野望の群れ(第2巻)

野望の群れ(第2巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

池袋を舞台にした百貨店同士のぶつかり合い、「池袋大戦争」の一方の当事者は堂島たちだった。再開発には当然地上げが絡んでくるもので、堂島は子飼いにその地上げを担当させようとしていた。 島崎と組んで、裏の世界で生きる決心を固めた久我は、堂島子飼いのヤクザたちを叩き潰すことを決意。島崎が堂島たちと対抗している昔ながらのテキ屋、神竜組に自分を売り込もうとする中、久我は神竜組の屋台骨を支える竹田の情婦を落としにかかる。 「女」に強い島崎の存在は、昔ながらのスタイルを続けているため商売上の弱みがある神竜組にとってはかなりの魅力であり……。

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!