野望の群れ(第5巻)

野望の群れ(第5巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

敵対組織のトップを、一般人もろとも爆殺するという非情な手で、一気に主導権を奪うことに成功した久我。さらには敵組織の幹部たちも手なづけ、いよいよ乗っ取り作戦は成功するものと思われた。 しかし、そんな折竜子の父が亡くなり、竜子は遺言を無視して「戦争」へとひた走る。そこで久我は、相手のバックにいる稲山と直談判をし、「事件の真相」を述べる。 それは、爆殺など一連の動きの真犯人が久我だということを巧みに隠蔽しつつ、今やキーマンとなった森田を標的とし、さらには神竜組の抗争を収めるという極めて巧妙な誘導に基づいての言葉だった。 だが久我は、自分は偽りを述べているなどということをおくびにも出さず稲山に迫り……。

第5巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第5巻)

Now Loading!