野望の群れ(第7巻)

野望の群れ(第7巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

かつて腕利きの相場師として世間を騒がせた達川を説得し、「株」の世界で戦う態勢を整えた久我。だがその矢先、久我は達川をかばって、ヒットマンに撃たれてしまう。 極めて難しい手術自体は何とか成功したものの、急所を撃たれていることもあり、医者からは今夜がヤマだと宣告されてしまうほどの重傷だった。 一方島崎は、久我の私兵を使って、執拗に久我を追う刑事、地引の娘を襲わせるという凶行に撃って出る。 しかもその手口は、私兵たちを地元の暴走族グループに偽装させるという狡猾なものだったのだが……。

第7巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第7巻)

Now Loading!