野望の群れ(第10巻)

野望の群れ(第10巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

何発も撃たれてしまった久我だが、地引がなぶり殺しにしようとしていたこともあり、またも命は助かった。 悪夢から覚め意識を回復した久我は、仕手戦の標的にしている日栄電子の株を、堂島も目を付け、買収攻勢をかけてきたことを知る。 そこで久我は、退くのではなくむしろ徹底的に買いまくれと指示を出し、堂島との「代理戦争」に燃え上がっていくことになった。 しかし、強敵である堂島との仕手戦をやり抜くには資金不足だったため、久我は兵藤に電話をかけ……。

第10巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第10巻)

Now Loading!