野望の群れ(第14巻)

野望の群れ(第14巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

久我がかねてから危惧していた通り、島崎が暴発してしまった。稚拙な仕掛けを打ち、人でごった返す競馬場の中で銃撃戦になってしまったこともさることながら、島崎の行動は神竜組が菱山組と抗争状態になったのも同様だった。 もちろん神竜組たちは苦しい立場に立たされることになるが、久我はこの状況を打開すべく、さらに恐ろしい秘策を打ち出していくこととなる。 それは、全国中で反菱山の志を持つ男たちを決起させ、神竜会へのプレッシャーを弱め、さらに反撃を行っていくというものだった。 手始めに久我は、北海道の立花と連絡を取るとともに、九州へと飛び……。

第14巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第14巻)

Now Loading!