野望の群れ(第19巻)

野望の群れ(第19巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

狙撃手に狙われた久我だが、暗殺メンバーに加わっていた徹がその狙撃手を射殺したことで、危機から免れることができた。 しかし京極に疑われないために、「自分も肩を撃たれた」と述べたために、徹はつじつまを合わせるため、実際に肩を撃たれることとなるが、修羅場で揉まれてきた徹は、至近距離から肩を貫通されても、痛みすら訴えることはなかった。 一方、植物状態が続いていた堂島の父親は容態が急変し、死去することとなった。だが、多くの人が詰めかける葬儀の場に、何故か裏の人間であり宿敵である久我が現れ……。

第19巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第19巻)

Now Loading!