keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第24巻)

野望の群れ(第24巻)

野望の群れ(第24巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

隙を見て脱出を果たした麗子だったが、久我との電話連絡には成功したものの、そこに通りがかった堂島に捕まり、再び暴行を受けてしまう。 一方、恐るべき抗争状態を戦い抜いていた久我たち神竜組だったが、敵対組織の特攻部隊が本拠である六本木にまでトラックを突撃させ、銃撃戦を仕掛けてくるという事態に、それ以上の報復をすることはなかった。 延々と続く極道同士の消耗戦を嫌った久我は、稲山に電話をかけ、「一騎打ち」を申し出る。 そして久我と稲山は、先代の墓前で熾烈な戦いを始め……。

第24巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!