keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第25巻)

野望の群れ(第25巻)

野望の群れ(第25巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

暴力団対策で「鬼」とまで呼ばれた本間の水死体が発見された。彼の体にはいくつもの傷があったが、鞭で叩かれていたような跡や肛門の裂傷など、単なる暴行ではなく「プレイ」とも取れるような傷でもあり、事実をそのまま公表することはできなかった。 一方久我は、麗子が北京にいるという情報を聞きつけ、再び大陸での行動を開始する。だがそこには、ビクトリアの離婚話が進まず焦る堂島もいた。 そんな中、仕事を放り投げて「私用」で中国を動き回っている京極は、マフィアたちにとってかなり危険な存在になっており、彼を始末するための刺客が準備されつつあったが……。

第25巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!