keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第26巻)

野望の群れ(第26巻)

野望の群れ(第26巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

刺客に襲われ、一時は生死の境をさまよった久我だが、またも不死鳥のように蘇り、日本に帰還した。 一方、久我の発案した、マグロの腹に仕込んで銃やクスリを密輸するというシステムは極めて巧妙に機能し、カモフラージュのマグロの取り引きだけでも、大儲けになるほどだった。 さらに久我は、堂島がタイにもその野望を広げていく中、裏社会を支配してきた、稲山と菱山という二大組織を潰すべく、具体的な動きを取り始める。 そんな中、久我は後輩たちが出る全国大会の決勝が行われる国立競技場の前で、堂島と再会するが……。

第26巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!