野望の群れ(第27巻)

野望の群れ(第27巻)
著者
司敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

久我は、他の誰の手も借りず、自ら菱山のトップを殺害し、さらには梅津組を持ち上げて見せることによって、抗争の「導火線」に着火することに成功した。 その目論見通り梅津は殺害され、菱山は分裂を起こし、血を血で洗う「極道戦国時代」の幕が開かれることとなる。 一方久我は、着々とアジア圏で勢力を増し、大物になっていく堂島との「差」をも痛感しつつあったが、香織は堂島を終わらせる情報を持っていると語った。 だがその情報を知るための「条件」を、久我に突きつけてきて……。

第27巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野望の群れ(第27巻)

Now Loading!