柳都物語(第5巻)

柳都物語(第5巻)
著者
和気一作 / 倉科遼
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
フリーハンド
レビュー

作品紹介

ようやく鉄道会社再建を本格化させ、メディアでも取り上げられることになった泰造だが、新潟県政界のドンである渡は、公然と泰造に対して失礼な態度を取る。 しかし泰造はそれを気にするよりも、一刻も早く路線の電化を完了させ、利便性を根本的に高めることで、利益を得られる体質を作っていかねばならない事情があった。 国会議員の仕事の合間を縫うように幾度も現場を視察し作業員たちを激励する泰造の頑張りの甲斐もあり、電化工事は無事、完了の運びとなっていったが……。

第5巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
柳都物語(第5巻)

Now Loading!