いかさま博覧亭(第1巻)

いかさま博覧亭(第1巻)
著者
小竹田貴弘
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
SF・ファンタジー
出版社
フリーハンド
レビュー

作品紹介

江戸時代、当時世界最大の都市だった江戸の中でも、最大級の盛り場だった両国広小路だが、その町の中でも榊のやっている見世物小屋は、もっとも人気がなかった。 そんな中、小屋の前に「怪異」と書かれた看板が落ちていたのを見て、番頭の柏が「商売敵か」と色めき立ったこともあり、皆で改めて見世物のアイディアを考えることに。 話の最中榊は、かつてやったという「生き人形」の演目のことを思い出すのだが……。(「さいかいの生き人形」)

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
いかさま博覧亭(第1巻)

Now Loading!