いかさま博覧亭(第2巻)

いかさま博覧亭(第2巻)
著者
小竹田貴弘
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
SF・ファンタジー
出版社
フリーハンド
レビュー

作品紹介

冬、汁物がおいしい季節、店に見慣れない客が多くなった。収穫を終えて農閑期に入った農民たちが出稼ぎに来ている、つまりは「椋鳥の季節」だからだが、賑わう店の中には、榊の因縁の相手、河次郎もいた。 榊にとって大の苦手な相手だが、興行が全国で受け、懐が大いに温かくなっているとあって、招いた側としても嫌とは言えない。それを知ってか知らずか河次郎たちは、汁に入っている芋を、狸の尻子玉だと言って大喜びを始める有様だった。 そこで榊は、「衝立狸」を見せてやると言い出して……。(「昔々の若かりし頃に」)

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
いかさま博覧亭(第2巻)

Now Loading!