霧島嵐児(第1巻)

霧島嵐児(第1巻)
著者
かざま鋭二
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
日本文芸社
レビュー

作品紹介

若く勢いのあるヤクザ、霧島は、男気のある白洲を兄と慕っていたが、その白洲は霧島の目の前で対立する黒咲の手の者に撃たれて死亡してしまう。兄貴を守れなかったばかりか、結果として盾にするような形になったことを霧島は深く悔み、単身黒咲の本拠へと殴り込みをかけるが、車で逃げた黒咲たちを追跡中にトラックと衝突してしまう。 目を覚ました霧島は怪我もしていなかったが、妙な風体の男たちに取り囲まれていたのだった……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
霧島嵐児(第1巻)

Now Loading!