龍眼=ドラゴンアイ=(第2巻)

龍眼=ドラゴンアイ=(第2巻)
著者
藤山海里
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
SF・ファンタジー
出版社
日本文芸社
レビュー

作品紹介

密輸品の中に、異形種が入っていたことで、市中には極めて深刻な危機が迫っていた。しかしまるで堂々たる鳥のようにも見えるその異形種は人間の言葉を理解するのみならず、暴虐の意図はなく、それどころか退屈すらしていた。 そしてイッサもまた、この風変わりな異形種との間で、かつて一つの約束を交わしていた。様々な人たちの思惑が交錯する中、両者の戦いは激しさを増していき……。

第2巻レビュー

  • 悲願する者

    頼むから続き描いてくれ
    何十年待ってると思ってんねん…

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
龍眼=ドラゴンアイ=(第2巻)

Now Loading!