クラブアンダルシア(第1巻)

クラブアンダルシア(第1巻)
著者
みね武
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

選ばれた男性しか入ることを許されない、東京銀座の街は、皆どこも必死で成り上がってきた女性たちが店をやっており、故に男性がオーナーという店はほとんどない。 だがその中で奥村健司は、クラブ「アンダルシア」のオーナー支配人を勤めている数少ない男性の一人だった。 その「アンダルシア」には、未成年の頃から、ずっと一筋に働いてきた看板娘と呼べる女性、恭子がいた。恭子は誰にもなびく様子は見せないものの、たった一人だけ、心に決めた相手がおり……。(「十五年」)

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
クラブアンダルシア(第1巻)

Now Loading!