ここが命の最前線!医療漫画特集

たとえ犯罪者だとしても助けを求める患者を救うために戦う医師とナースの物語

その男は死に瀕した命を「再生」させる。

ホルスの手

常に命と向き合う運命を背負う医師の中でも、もっともギリギリの状態での戦いと強いられる救急救命。それは九条の「領域」だった。 普段はぶっきらぼうで、しかもちょっとスケベなところもある九条だが、いざ急患と向き合う段階になった瞬間、ガラリと雰囲気を変え、冷静かつ大胆に、そして恐ろしいほど技の冴えで、メスを振るっていく。 生死のかかった現場のリアルな息遣いまで感じられる、タフ&ハードな医療漫画。

このマンガを読む

ギリギリの現場で、日常で「命」を見てきた凄腕の医者の物語。

天医無縫

米国から日本に帰国してきた医師、毒島 丈。権力とはまったく無縁であり、日本国内ではまったく無名だったが、彼の医療技術の凄まじさは、海外の超一流医師たちも認めるほど。 そんな毒島が勤務することになった病院はしかし、医は仁術ではなく算術とうそぶく院長が率いるような、救急医療の現場としては不十分な場所でしかなかった。 生死がかかった医療現場のリアルから、病院経営の実情までが描かれた、リアル医療漫画。

このマンガを読む

命を見据え、助ける医師たちも、結局は「人間」。

オペレーション【分冊版】

若手医師の五香は、まだ助手という立場ではあったが、手術の技の冴えは教授たちからも全幅の信頼を寄せられていた。そして五香もまた、ギリギリの局面でも、普通の医師にはできないオペを続けていく。 しかし、権力や対面が重視され、多くの人の思惑が渦巻く状況の中で、五香は患者の命を超えたところにあるような、人間の生の感情に対峙していくことにもなっていく。 人間ドラマに重点を置いた、秀逸かつ重厚感ある作品。

このマンガを読む

誰でも、どんな状況でも、「カラダ」の話はデリケート。

マル泌のナース

子どもの頃から憧れていたナースになれた神田川 彩。いきなり配属されたのが泌尿器科ということでちょっとビックリしたものの、全力で仕事に励もうとしていた。 しかし、先輩ナースである小松は、とにかくズボラでヌルくて、患者との距離もやたらと近かった。怒る彩だったが、医師の一本木も小松をまったく叱ろうとはせず……。 患者と医療者の距離感までが見えてくる、ハートフル医療ストーリー。

このマンガを読む

その他の特集

Now Loading!