JavaScript が無効化されています。
JavaScript を有効にしてください。
※無効状態では正常にサービスを利用する事ができません。

メニュー
女性向け無料作品

女性向け無料作品

クレイジーマンガの無料作品を一気に確認!気になる漫画は全て無料でチェックできちゃいます♪ランキングは毎日更新中!映画化・ドラマ化された作品も無料配信中!すぐに続きから読める本棚機能や男性/女性のカテゴリー別のオススメ、編集部のピックアップなど機能も充実しています!

  • エレキギターの腕はプロ級で、喧嘩はヤクザよりも強い、とにかくイカした格好良いセンパイが久しぶりに戻ってきた。 そんなセンパイは後輩のチー坊に、飛び切りハンサムな女性、U子に近づいてほしいというミステリアスな依頼を伝えるのだった。

  • 美大の油絵科に通う留利子・今日子・麻美の三人組は、なかなか男性に縁がない。そんなある日、街で声をかけられた三人は、ちょっとした「ゲーム」を行うのだが……?ハナの女子大生が恋に奮闘し、様々な出会いと別れを通じて日々淑女の階段を登っていく青春コメディ。

  • 夫、真樹夫の家系は代々職人で、実家には様々な道具が散乱していた。さらにその家はムカデやゴキブリ、しまいには蛇も現れるほどのあばら家。しかし、家主の姑はその生活を当たり前のものだと思いこんでおり、子供が怪我をしても唾をつければいいと言ってのける豪放磊落な人間だった。日々の暮らしに嫌気がさし始めた静香だったが、姑が偶然目にしたリフォーム番組に興味を示し…「鬼門の家」をはじめに全5編で描かれる嫁 VS姑の短編集。

  • 40歳目前の女が駆け込みで結婚した冴えない男の家には恐ろしい姑が。はたまた別の一家では嫁へセクハラをする舅も。同居することはわかっていたけど、こんな仕打ちは聞いていない…しかし嫁たちも黙って遣られているだけじゃない!嫁 VS 姑 VS 舅のトリプル仕返しバトルがいま幕をあける。

  • 大日向家に嫁ぐことになった津奈美は聞かされていなかった義親との同居の話を聞かされてショックを受けるも、姑はあくまで強硬で、条件とともに離婚届を突きつけてきた。そんなやり取りのなか、はずみで2人は激突してしまい、なんとその拍子に人格が入れ替わってしまう!老人の、しかも大嫌いな姑の体に入れ替わってしまい絶望する津奈美だったが、若くて美しい津奈美の体に入れ替わった姑は意外にポジティブで…

  • 大手企業の柏木グループの社長を父に持つ実琴はお金持ちのお嬢様だ。幼い頃に結婚の約束をさせられ、子供ながらに花嫁衣装に憧れていたが、16歳となった今では反発の意思が強い。 そんな彼女には頼りになる執事の斎藤がいた。だが実琴の知らないうちに父が勝手に解雇し、新しい執事、伊吹がやってきたのだ。伊吹は俺様系のイジワル男で、少々エッチな性格だった。伊吹から強引に迫られる実琴の運命やいかに。

  • 女性向け

    未設定

    高校卒業以来、まったく男子との出会いから遠ざかっていた泉。中学高校と「王子様」を求めていたこともあり、恋愛経験ほぼ皆無のまま過ごしてきてしまったが、先輩に誘われて行った合コンの相手は、なんと高校生。 しかもそこにいた麻斗は、紛れもなく「王子様」で、泉はすっかり熱くなってしまうが、合コンがお開きになり別れたところで、思わぬ形でその「王子」の本性を目の当たりにしてしまう……。

  • 夏休みを迎えた菜莉は、遊びに行った玉置家で久しぶりに恭平と再会するものの、両家の面々が示し合わせる形で一緒に旅行に行ったことで、しばらく二人きりで過ごすハメになる。再会当初は無愛想にも思えた恭平だったが、爽やかな笑顔は相変わらずで、キスをされてドキドキしたりと、思わぬ進展を経験するのだった。

  • 白雪がお気に入りの携帯小説サイトをチェックしていると、偶然にも彼氏と同じあだ名の日記小説を見つけてしまう。まさかと思いながら読み進めていくが、あだ名の由来、職業や趣味、何から何まで彼氏本人であることを裏付ける内容ばかり…しかもそこには「彼女とはマンネリで、他に気になる女の子がいる」という衝撃の内容が!白雪は日記小説の情報を利用して、彼氏を懲らしめるため作戦をたてはじめる。

  • 作者名
    祐也
    出版社
    日本文芸社

    桜華高校には「ミスター・プリンセスコンテスト」という一風変わった催し物があった。男子生徒の中でもっとも美しくなった生徒を選出するというもので、勝者には「特券」と呼ばれるチケットが授与され、学内の要求ならばほとんど通すことができる。 美人ではあるがお祭りごとには興味のなかった姫乃は、廃部寸前の美術部のために参加を決意した。そして見事プリンセスに選ばれた姫乃だったが、実はそこからが勝負の始まりだった。

  • 作者名
    祐也
    出版社
    日本文芸社

    大学進学を機に、念願の一人暮らしを始めた木田橋 真。これでのんびりできると思って部屋のドアを開けると、そこにはライフ・コーディネーターを名乗る豊川という男が。 カッコいい豊川とも知り合えて、良い感じで一人暮らしを始められたと思っていた真だったが、有力者でかつてはヤクザ的だった実家のために悪漢に狙われることになる。しかし豊川はとんでもない技量の持ち主で、知り合うイケメンたちも何故か達人ばかりだった…!

  • 父親はテレビのCMに出ているような有名企業に勤め、母親はPTA活動なども活発にやっていることから、クラスで注目され、また自分もそれが当たり前だと思っていた少女、サマ子。しかし、中学に上がってからと言うもの、周りの自分を見る目が変わっていることに気付きつつあった。また、実は家庭はメチャクチャな状況にあることにもストレスを感じていた彼女は、ある日妙な陰口を聞くことに……。

  • 時に学校をサボるなどして、街頭で辻占いを行う少女、黒井ミサ。彼女はある時、とてつもなく美しい女性に声をかけられる。その女性の「ある」雰囲気に一瞬言葉を失うミサだったが、ひとしきり話をして別れた後、女性が倒れたタイミングで現れた男達に身内ならば病院に運ぶのを手伝ってと言い放ち、彼らの助けのもと、その女性、美奈を病院に連れていく。 しかしそこは魔法医院であり、その院長はとても変わっていた。医師であるにも関わらず美奈の美しさに夢中になってしまい、病気を起こした盲腸のみならず、実際に機能する腸までもごっそり取って、しかもコミュニケーションを取り始めたのだった。 一方、もっとも父親に好かれている血の繋がらない美奈を始末し損ねた彼女の「兄」はいよいよ危機感を持ち、ある夜彼女を刺殺してしまった。入念な偽装もあり疑いを持たれずに済んだ彼だが、その前に黒井ミサが現れた……。

  • 人里離れた病院に入院している綾子は、ある夜同室の友人、由紀の姿がないことに気付く。また勝手に抜け出して、怒られるのではないかと思う綾子だったが、戻ってきた由紀は何故か重態になっており、しかもその後すぐに息を引き取ってしまう。 悲しみにくれる綾子だったが、病院スタッフの対応は何故かやたらと冷淡で、とにかくすぐに遺体を始末しようと動いていた。これはあんまりだと思う綾子だったが、足を踏み入れた死体置き場でミイラのようになった由紀と入れ替わる形になってしまい、その後勘違いをした病院スタッフに追い回される形となる。 しかも彼らもまた変わり果てた格好となっており、信じられるのは女医のユミ先生だけだと、綾子はユミを頼る。優しく綾子を迎え入れたユミだったが、彼女もまた常人とは違う様子を示していたのだった。

  • 入院中に病室から抜け出した妹のみどりは、裏山で倒れていた。みどりはたった一瞬だけ意識を取り戻し、不気味な笑い声を上げた後、死んでしまった。奇妙なのはみどりの体が蛇の鱗で覆われていたことだった。 看護婦たちは姉の許可なく、勝手にみどりの体を庭に埋めてしまった。姉はみどりの体を掘り返すが……。恐ろしい出来事に遭遇してしまう。

  • 大富豪の家に育ち才色兼備の麻也だったが、周りの評価とは裏腹に自身の内に潜む"暗い影"を気にしていた。一抹の卑しさもなくやさしく気品のある両親と比べ、自分にはその高貴な血筋にあるはずの品格がない…そんな自身の"闇"を気にしていたのだ。それを現すようかのように、麻也の顔写真には不気味なアザが写り込むようになる。そしてそれを皮切りに彼女の周りには"トカゲ"の姿が見えるようになる。

  • 口裂け女伝説 小学校のそばには「口裂け女」が出るという噂がある。かつて日本中で囁かれたその話題はもう過去のものになっていたが、桜たちはある日、柱の陰に隠れるようにしている女性の姿を目にする。その女性は人形の口を裂きつつ女の子たちに声をかけてきたのだった。

  • 自分を"普通の女の子"だと思っている神野多々里(カミノ タタリ)。しかしクラスメイトからは仲間外れにされて、唯一の話し相手はタタリの耳の中に住まうちょっと口の悪い妖精 乃呂井くんだけ。ちょっと意地悪なクラスメイトでもみんなと仲良くなりたいタタリは、いつも乃呂井くんに止められながらも、退魔グッズで悪い妖怪や不思議現象を解決する!

  • 近所でも評判の美沙は心も優しく、父が実験用に飼っている猿にも愛情を注いでいた。しかし、父は動物の脳を取り出して電気と栄養を与え活かすという実験に心血を注いでおり、美沙が大切にしていた猿にもその手にかけてしまう。そしてさらに父の実験は過激さを増し、ついには人間の少女である"まゆみ"を"調達"して猿の脳を移植してしまう。猿の脳を移植されたまゆみは次第に異様な者へと変化して行き…。

  • ナベシマ かつて、佐賀藩に鍋島というお姫様がいた。そのお姫様には毎晩、油を舐めては奇妙なダンスを披露するという噂があった。その噂を聞き付けた腰元たちはある日、お姫様の部屋をそっと覗くと、そこにいたのはお姫様の恰好をした化け猫だった! そして現代。鍋島美衣子は家に帰る途中、黒猫が死んでいるのを発見するのだが、それから彼女の身に異変が起こり......。化け猫にまつわるホラーオムニバスがここに。

Now Loading!