keyboard_arrow_right
山田花子の作品一覧

山田花子の作品一覧

  • 少女の目に映る世界は、日常の皮をかぶった平凡な地獄かもしれない。時に生々しく残酷に、時に遠い存在の言葉を借りて抽象的に表現される、対人コミュニケーションを図るうえでの鬱屈。自身が経験したいじめの記憶から、疎外感や孤独、集団心理の恐ろしさといった種種のエッセンスを作品で照らし出す作家・山田花子にしか描けない傑作短編集。

  • 主人公のタマミはひとりぼっちになることを怖がり、自分の心からの感情を表現せずにいつも周囲に合わせて溶け込もうとしていた。「友達」がいなくなることで世界から拒絶されることを恐れ、相手が期待したリアクションを機敏に感じ取り返事をする。いつしか他人の目が、言葉が、言動全てが恐怖になり一人苦しみを抱えていた。自分の心を殺した生活を続けるタマミはある日そんな自分に嫌気がさし、たった一度だけ“掟”を破って心からやりたいことをする。表題作を始め、24歳で自ら命を絶った漫画家山田花子が生への苦しみを描く傑作短編集。

  • 代表作に「神の悪フザケ」「嘆きの天使」などを持つ作者・山田花子が、実際に「虐め」にあった経験をふんだんに盛り込み描く、対人コミュニケーションの中で生まれる抑圧や疎外感、差別の世界。他者の行動や向けられた言葉が、独特かつ繊細な視点で切り取られ、人間関係をこじらせていく。学校生活の鬱屈、男女やクラスのヒエラルキーなどを追求した珠玉の傑作短編集。

Now Loading!