keyboard_arrow_right
加藤唯史の作品一覧

加藤唯史の作品一覧

  • 連城りょうじは探偵のはずなのに、探偵業よりもやたらと料理に詳しい変な探偵。白川葵から受けた恋人の素行調査中も、ふと立ち寄った飲食店のやきとりの味に納得がいかずボランティアで焼き鳥を焼きはじめる始末。どうやら、りょうじは名店「十川」の主人 十川康介の息子でしかも父親を避けているようで…。作者は「ザ・シェフ」「ロン先生の虫眼鏡」で知られる加藤唯史。

  • あの伝説の臨時雇い専門シェフ 味沢匠(あじさわたくみ)が帰ってきた!帝都ホテルは前料理長の下村のファンだった上客の森芝電気に「一度だけでいいのであの味を再現してほしい」と依頼されていた。しかし、下村の弟子で現帝都ホテル料理長の緒島は、下村時代よりも盛況になっている自分の料理に誇りを持っておりそれを拒否する…。困り果てた支配人は味沢に託すことに!作画は「ザ・シェフ シリーズ」や「ヤメ検弁護士シャチ」を発表している剣名舞(つるぎな まい)。原作は作者は1973年に貸本雑誌「劇画No.1」掲載の「妖かしの森にてデビューした加藤唯史。

  • 帝都ホテルは外務省関係者がもてなすパミール王国の全権を握る大臣の晩餐を披露したが、当の大臣はそのほとんどを食べ残し去ってしまう…。日本でも屈指の料理人でもある料理長の下村は酷くプライドを傷つけられ「それならばこちらももう料理を用意しない」と意固地になり、支配人は頭を抱えていた。しかし、そこへ幻の流れの料理人と言われている臨時雇い専門の天才シェフ 味沢匠(あじさわたくみ)が姿を現す…!

  • 元検事で現在は弁護士のいわゆる「ヤメ検弁護士」の英剛直(はなぶさ たけなお)は、とある強盗殺人事件の国選弁護の依頼を受ける。容疑者の末野光二と面会した英は、検事時代の勘からすぐにこの男が弁護のしようのない殺人者と察するが、突如末野は警察の調書を否定し冤罪事件だと主張をはじめる。英は弁護士でありながら、末野が自供するように仕向けるよう画策する…。検事時代は「シャチ」の異名で恐れられた英の新たな戦いがはじまる…!作者は1973年に貸本雑誌「劇画No.1」掲載の「妖かしの森にてデビューした加藤唯史。

Now Loading!