第1巻

?

シェアする

リンクをコピー

前回の続きから読みますか?

作品情報

ヒットラーの息子(第1巻)

叶精作 / 小堀洋

日本の領空を侵犯して着水した戦闘機。そこから降り立った一人の男は自分に関する記憶を一切失っていた。やがて彼を連れ戻しに現れた組織の人間から、男は「ボタン」という己の名と、世界犯罪者同盟の殺し屋として闇の世界で暗躍してきた自らの過去を知る。追っ手から逃れるために奔走するうち、ボタンの記憶は徐々に回復していき、同時に衝撃の真相へたどり着くのだった。果たして彼が組織を裏切った理由とは・・・?

このエピソードへのコメント

第1巻レビュー

  • 名無しさん

    広告がじゃまで全く読めない。
    閉じることも出来ない。

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

第1巻

いいね

シェア

コメント

同じジャンルの作品

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!