第1巻

?

シェアする

リンクをコピー

前回の続きから読みますか?

作品情報

スクールゾーン(第1巻)

犬木加奈子

やたらと怪談話が多いとある小学校で、下級生たちを引率する班長をつとめる陽介は苦しんでいた。学校に行くまでのスクールゾーン、生徒たちだけが通れる道でも不安が絶えず、校内や教室の雰囲気にも妙なものを感じて不安にかられていたのだ。そして彼は何かに取り憑かれたようになった級友たちに屋上にまで追い詰められ自殺を決意するが、飛び降りたと思ったところで「大鏡」の中で目を覚ますことになる。 そこには口数の多い妖怪が住んでおり、鏡が割れたので外の世界に出たいが、実体を持っていないと動けないために、入り込んできた陽介の口の中から侵入し、とり憑くことになる。やがて正気に戻った陽介はその一件に関することをまったく覚えていなかったが、髪型が変わりメガネがなくなっているなど、その「変化」は明らかに見えるところにまで及んでいたのだった。

このエピソードへのコメント

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

第1巻

いいね

シェア

コメント

同じジャンルの作品

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!